《フラッシュ脱毛》についてお話ししましょう。

09.02.14 / 未分類 / Author:

フラッシュ脱毛とはフラッシュ光線という拡散光を発するレーザー機を使用してムダ毛の処理を行う脱毛方法で主にエステなどで行われます。
名称は異なりますが原理的には医療レーザー機によるムダ毛処理や他のレーザー光を発するレーザー機によるムダ毛の処理方法「IPL脱毛」と同じ仕組みで、光のエネルギーを利用し毛根を消滅させ脱毛します。
フラッシュ脱毛と医療レーザー機によるムダ毛処理と比較すると
・安価・痛みが弱いと言う事は魅力になっています。痛みと言うのは、感じ方に個人差がありますが瞬間ピリッとする程度です。
ムダ毛の治療には毛の状態・処理する範囲の広さやムダ毛の量などに個人差がありますから治療期間も個人差が出てきます。
一般的な目安としては、1・2ヶ月に1度のペースでフラッシュ光線を照射し、約4回~6回のフラッシュ光線の照射が必要とされています。
フラッシュ光線の効果と言うのもIPL脱毛同様にムダ毛の処理自体が日本で行われるようになってからまだ日が浅いと言う事で、処置後、の永久的な効果の判断が難しい状態です。

プラズマ脱毛についてお話ししましょう。
プラズマ脱毛も名称は異なりますが「IPL脱毛」と同じ原理で医療レーザー機によるムダ毛処理や他のレーザー光を発するレーザー機によるムダ毛の処理を行う脱毛方法です。ようするに光のエネルギーを利用し毛根を消滅させ脱毛することになります。
プラズマ脱毛も主にエステなどで行われます。
プラズマ脱毛も医療レーザー機によるムダ毛処理と似ています。医療レーザー機廼施術と比較すると、痛みがほとんどないと言う事が魅力になっています。痛みの表現としては、照射されている部分が温かく感じる程度と言われています。
プラズマ脱毛の処理期間もフラッシュ脱毛・IPL脱毛同様に個人差があります。処理する範囲の広さやムダ毛の量によって違ってはきますが普通の方は、1・2ヶ月に1度のペースでプラズマ光線を照射し、約4回~6回のプラズマ光線の照射が目安となります。
プラズマ光線の脱毛の効果は、ヨーロッパにおいて白人に対しては実績があるようです。しかし日本人においては、プラズマ光線による脱毛処理が行われるようになってからの実績が浅く、処置後、永久的な脱毛効果が得られた状態が持続できているか桜花の判断が付きにくいのが現状です。
まだ確実な脱毛効果が望めるとは言いがたい状態です。

Comments: 0

Leave a Reply

« | »